九州未来アワード スピンオフ企画 外需を掴め!中小企業の海外展開を考えるシンポジウム

昨年起きた熊本地震は、経済の側面からすると熊本県のみならず九州全体にも大きな影響を与えました。被災地では 復興へ向けての取り組みが始まっていますが、打撃を受けた九州経済が平穏時に戻るまではまだまだ時間がかかりそうです。そうした現状で「アジアの玄関」という恵まれた九州に住む私たちは、これからの事業拡大の選択肢として海外に事業の視野を広げることが大事になってきます。小さいながらも積極的に海外展開を成功させた先進事例など有識者からのアドバイスを提供することで中小企業の海外展開への可能性を探るー。九州から世界へ羽ばたく中小企業・起業家を応援する「九州未来アワード」のスピンオフ企画としてシンポジウムを開催いたします。

概要

事業タイトル
九州未来アワードスピンオフ企画
外需を掴め!中小企業の海外展開を考えるシンポジウム
日程
2017年2月12日(日)
時間
13:30開演〜16:30終了
場所
ホテル熊本テルサ テルサホール
熊本県熊本市中央区水前寺公園28-51
主催

【九州未来アワード実行委員会】

熊本日日新聞社西日本新聞社佐賀新聞社長崎新聞社大分合同新聞社宮崎日日新聞社南日本新聞社
協賛
中小機構九州

プログラム

基調講演

「最初から世界市場へ~地方から日本を世界にスケールさせよう!」

講師

辻野 晃一郎 氏

辻野 晃一郎 氏
(アレックス株式会社代表取締役社長兼CEO・元グーグル日本法人代表取締役)

福岡県生まれ。1984年に慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニーに入社。88年にカリフォルニア工科大学大学院電気工学科を修了。VAIO、デジタル TV、ホームビデオ、パーソナルオーディオ等の事業責任者やカンパニープレジデントを歴任した後、2006年3月にソニーを退社。翌年、グーグルに入社し、グーグル日本法人代表取締役社長を務める。10年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業。現在、同社代表取締役社長兼CEOを務める。また、12年4月より早稲田大学商学学術院客員教授、13年10月より IT 総合戦略本部・規制制度改革分科会構成員などを務める。
著書に『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』『成功体験はいらない』『リーダーになる勇気』『「出る杭」は伸ばせ!なぜ日本からグーグルは生まれないのか?』ほか多数。

パネルディスカッション

テーマ:「熊本から海外へ~その現状と課題を探る~」
辻野 晃一郎 氏
宮川 将人 氏 (宮川洋蘭専務取締役)
池田 誠 氏 (くしまアオイファーム代表取締役社長兼CEO)
齊藤 三 氏 (中小機構九州本部長)

コーディネーター:本多 孝(熊本日日新聞社編集委員)

申し込み方法

はがき・FAX・メール、または電話でお申し込みください。

締切

2017年1月31日(火)

はがき・FAX・メールでの申し込み

郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、参加人数(1通につき2名まで)、中小企業の海外展開についてのご質問があればその内容を明記のうえお申し込みください。

【はがき】〒860-8506(住所表記不要)
               熊本日日新聞社 営業企画部九州未来アワードSO係
【FAX】096-372-8711
【メール】jinzai-02@kumanichi.co.jp

電話での申し込み

【電話】 096-361-3344(受付時間:平日9:30~17:30)

※申し込み受付は定員に達し次第終了となります。
※聴講券は、開催日の1週間程度前に発送いたします。
※お預かりした個人情報は、聴講券の発送、及びイベントの運営のみに使用します。