40代におすすめの化粧水ランキング!プチプラ化粧水の選び方も紹介

40代におすすめの化粧水ランキング!プチプラ化粧水の選び方も紹介

  • 「40代になって肌が変化したので化粧水を変えたい」
  • 「40代のシミやたるみ、毛穴などをケアできる化粧水ってある?」
  • 「40代におすすめの化粧水ってどんなもの?安い化粧水でも良いのかな?」
  • 「40代が化粧水を選ぶとき、失敗しない為のコツってある?」

など、こんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

40代になると年齢やホルモンバランスの関係で、今までと違う肌悩みが出てきたり、今まで使っていた化粧水が合わなくなったと感じることも多いと思います。

そこでこの記事では、40代の方に向けた化粧水選びのコツや、実際におすすめの化粧水10商品を徹底比較してランキング形式でご紹介しています

また、40代の乾燥肌・敏感肌・混合肌・毛穴の目立ち・男性向けなど、肌悩みに合わせたおすすめの化粧水もご案内しているので、是非最後までご覧ください。

40代の肌に合う化粧水の選び方~5つのポイント~

40代の肌に合う化粧水の選び方~5つのポイント~

化粧水を選ぶ際、口コミやパッケージのキャッチコピーで判断して購入している方も多いと思います。

ですが、それだけでは本当に自分に合った化粧水を選ぶのはちょっと難しいです。

なぜなら、肌質は人それぞれであり、特に40代は肌トラブルが目立ちやすくなるので、そのトラブルに見合った化粧水を選ぶ必要があるから

そこで、まずは化粧水選びで失敗しない為に押さえておきたい5つのポイントをご紹介します。

それがこちらです。

  1. 保湿成分や美容液成分が豊富なものを選ぶ
  2. お肌に負担のかからない低刺激なものを選ぶ
  3. できるだけサラッとしたテクスチャーのものを選ぶ
  4. 続けやすい価格かどうかをチェックする
  5. パッケージや口コミに惑わされすぎない

では、これらのチェックポイントについて1つずつ解説していきますね!

MEMO
すぐにランキングが見たい!という方はこちらからジャンプして見ることがかのうです。

⇒40代化粧水おすすめランキング

化粧水の選び方①:保湿成分・美容液成分が豊富な化粧水を選ぶ

40代ではお肌の水分量が低下し、肌のバリア機能が低下してしまいます。

これがシミやシワ、毛穴の目立ちやたるみといった様々な肌トラブルの原因です。

なので、まずはとにかく保湿力を重視しましょう。

化粧水というのは半分以上がただのお水(精製水)でできていますが、だからこそ少しでも保湿成分・美容液成分に富んだ化粧水を選ぶことがお肌の保湿を徹底するコツです。

おすすめの保湿成分、美容液成分はこちらの5つ。

  • ヒト型セラミド
  • アミノ酸やPCA-Naなどの天然保湿因子
  • ヒアルロン酸
  • リピジュア(ポリクオタニウムー51、ポリクオタニウムー61)
  • スクワランやユズ種子油(油脂)などのオイル

これらの保湿成分が全て配合されている必要はありませんが、1つでも入っていると保湿力に関しては好印象な化粧水です。

あとは、コラーゲンやプラセンタなんかも保湿力の高い成分なのでおすすめですね。

化粧水の選び方②:お肌に負担のかからない低刺激なものを選ぶ

40代のお肌は水分量が減り、バリア機能も低下しているので、肌が刺激を受けやすい状態になります。

その為、できるだけ刺激になりやすい成分は避けましょう

とは言え、どんな成分が肌の刺激になるのかは人それぞれです。

「どの化粧水が自分の肌にとって刺激になりにくいのか分からない」という方は、まずは「敏感肌向け」のメーカーの化粧水を選びましょう。

こういったメーカーの化粧水は、肌への刺激を極力避ける為に、無添加処方にこだわりがあったり、様々な安全性に関する試験を行っていたりなど、敏感肌の方が使いやすい工夫がされています。

ちなみに、極端に肌が乾燥しやすい方や、人一倍刺激を感じやすい方は「エタノール」の配合がないものを選ぶだけでも、肌への負担は軽くなりますよ

エタノールは決して危険な成分ではなく、肌への浸透感や清涼感をもたらしてくれる成分ですが、その反面、肌の水分を蒸発させてしまうという一面もあるので、

お肌が弱い方にはやや不向きな成分なのです。

化粧水の選び方③:できるだけサラッとした使用感がおすすめ

「保湿力が高い化粧水=しっとり感が強い、とろみがある」なんてイメージはありませんか?

ですが、私は乾燥対策にこそ、お水のようにサラッと軽い化粧水をおすすめします。

理由は、軽い質感の化粧水の方がお肌をムラなく保湿できるからです。

とろみがある化粧水はしっとり感が強いので、保湿されている感覚がありますが、一ヵ所に溜まりやすいのがデメリット。

ですが、サラッとした化粧水は肌全体に水分が行き渡りやすいので、目元や口元といった細かい箇所にまでムラなくしっかりと水分補給ができるのです。

とろみがあるのは増粘剤の影響も

そもそも化粧水にとろみがあるのは、確かに美容液成分のおかげもあるかもしれません。

ですが、ただ単純に「しっとり感」を出すために増粘剤や感触を改良するための成分が追加されているだけなんてことも少なくないのです

なので「とろっとしている、しっとり感がある=保湿力が高い」というわけではないことを覚えておきましょう^^

化粧水の選び方④:続けやすい価格かどうか

化粧水に限らず、スキンケアコスメは3ヵ月を目安に使い続けることが理想です。

でないと、その化粧水やコスメの本当の効果を実感することはできません。

なので、3ヵ月間使い続けられる無理のない価格帯のものを選びましょう

あまり安すぎるものだと保湿成分や美容液成分の配合量が少ない可能性があるのでおすすめしにくいですが、

化粧水の中身は半分以上がお水なので、1本何万円もする化粧水が必ずしも、それよりも安い化粧水に勝るとは限りません。

自分が購入しやすい価格帯で、できるだけ美容液成分が豊富なものを使い続けていく方が、お肌に合っていれさえすれば、結果として効果を実感しやすいです。

なぜ3ヵ月間使う必要があるの?

化粧水を3ヵ月間、使い続けることをおすすめする理由は、

40代のお肌はターンオーバー(肌の生まれ変わりの周期)が遅れがちなので、その分、その化粧水の効果を実感するのにも時間がかかるからです

ターンオーバーの理想の周期は約28日間ですが、40代はその倍(56日)、もしくはそれ以上の日数が必要とも言われます。

例えば1週間、新しい化粧水を使ってみて分かるのは

  • 香りや質感はどうだったか
  • 翌朝や日中に肌のカサつき、ツッパリを感じなかったか

など、不快感の有無や自分の好み(使いやすさ)などです。

シワやシミ、毛穴への効果などはその化粧水の使用感だけでなく、ターンオーバーが繰り返され肌が生まれ変わってこそ分かるものなので、

ある程度長い期間使って、その化粧水が自分にとって良いのか悪いのかを判断する必要があります。

化粧水の選び方⑤パッケージやキャッチコピーなどの口コミを気にしすぎない

最後はその化粧水の宣伝文句や口コミなどに惑わされないということです。

口コミやその化粧水の販売サイトなどで参考にすべきポイントは

  • その化粧水の質感や見た目(サラッとしてるのか、とろみがあるのかなど)
  • 香があるのか無いのか、あるならどんな香りなのか
  • 何が無添加なのか
  • 内容量と価格(1本でどれくらい持つのか)

の4つです。

あとは、その化粧水独自の浸透技術とか複合成分なんかについても書かれていることがあるので、チェックしておいても良いですね。

逆に効果や刺激に対する口コミのコメントは、正直そんなに気にしすぎることはありません

肌の性質は本当に人それぞれで、こういった口コミに左右されていると、本当に自分に合った化粧水に出会えなくなります。

もし、効果に対する口コミを参考にしたいときは同年代で同じような肌質の方のコメントを見ておきましょう^^

注意したいキャチコピーや口コミコメントとは

また、パッケージや過剰なコメントにも要注意です。

例えば、化粧水のパッケージに「透明感」「ビタミンC配合」なんてワードが並んでいたら「美白効果がありそう」「お肌が白くなりそう」というイメージが湧きませんか?

ですが、美白効果とは「紫外線によるシミやそばかすの予防」のことであり、お肌を本来の色より白くすることはできませんし、シミを消すということもできません

さらに美白効果を謳えるのは美白有効成分が配合された「医薬部外品(薬用化粧品)」だけなので、

いくらパッケージに「ビタミンC配合」と書かれていても、医薬部外品でなければ美白効果は期待できません。

稀にに口コミサイトで「シミが消えた」なんてコメントを見かけることもありますが、それは化粧品ではほとんど不可能なことなので信じすぎないようにしましょう。

【比較】40代におすすめの化粧水10選!価格や特徴を比べてみました!

ここまで紹介した化粧水の選び方を元に、実際に私が40代の方におすすめしたい化粧水を10個選出し、

  • 保湿力(付けた瞬間のしっとり感と、1日中うるおいが続くかどうかも考慮した評価)
  • 成分内容(40代のお肌にうれしい成分が入っているかどうか)
  • 低刺激性(お肌の弱い方におすすめしやすいかどうか)
  • テクスチャー(質感や香り)
  • コスパ(1本分の価格と成分内容や特徴を考慮した評価)

の5点を表にまとめてみました。

是非、化粧水選びの参考にしてみて下さい^^

 化粧水 保湿力 成分内容 低刺激性 テクスチャー  コスパ
アヤナス
ヒフミド
ライスフォース
エトヴォス
オルビスユー
草花木果
(草花木果ライン しっとり)
米肌
ビーグレン
アスタリフトホワイト
ブライトエイジ

【No.1化粧水決定】40代におすすめの化粧水ランキング

そしてさらに、先ほどの表を元に、40代のお肌におすすめしたい化粧水TOP5をランキングにしてみました!

※価格は全て税込みで表記しております。

第1位:ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート

アヤナスの化粧水(アヤナス ローション コンセントレート)の評価
保湿力
(4.5)
成分内容
(5.0)
低刺激性
(4.0)
テクスチャー
(5.0)
コスパ
(4.5)
総合評価
(4.5)
トライアルセット価格 980円(10日分)
化粧水通常サイズ価格 5,500円(約1.5~2ヶ月分)
1日あたりのコスト 約122円
返品保証(トライアル) 30日間
テクスチャー 最初はとろみがあるが、肌に伸ばすとみずみずしい
注目成分 グリセリン、セラミド2、コウキエキス、CVアルギネート

アヤナスの化粧水(ローション コンセントレート)の特徴

アヤナスは敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」の商品で、アヤナスの化粧水は、あらゆる刺激に弱くなりトラブルを抱える40代にこそおすすめしたいアイテムです。

特許技術やオリジナルの複合成分で、敏感肌ケアと大人特有の肌悩みを同時にケアする化粧水となっています。

お肌が化粧水をグングンと飲み込むように、角層の隅々までうるおいが行き渡る心地の良い使用感。

乾燥した肌にもしっとりとした濃密なうるおいを与えます。

テクスチャーは、容器から出した瞬間はとろっとした液体なのに、肌に伸ばすとスーッとみずみずしい不思議な質感。

しかし、使用後にベタついたり、テカったりといった不快感が全くないのがとても魅力的です。

セラミド2を配合しているので、もともと乾燥しやすい方はもちろん、最近化粧水の入りが悪いな~と感じている方や、敏感肌になってきたかもと感じる方にもおすすめですよ

また、アヤナスの化粧水には、お肌のハリや弾力をサポートするCVアルギネートも配合されているので、まさに大人のお肌にぴったりの化粧水なんです。

さらに、敏感肌専門ということで、アヤナスは

  • 保湿成分や美容液成分、保存料に至るまで全ての成分をプロが厳選し、純度の高いものを使用。
  • エタノール(アルコール)、合成香料不使用。
  • 細かく徹底された衛生管理システムで原料搬入時のわずかな異物も見逃さない。

という風に、製品の安全性にも徹底的にこだわっています。

【管理人から一言】

トライアルセットが10日分で980円と超お手頃価格な上に、30日間も返品保証が付くので挑戦しやすいのもおすすめポイント。
ラベンダーとゼラニウムによる天然アロマの香りにも癒されます。

第2位:小林製薬 ヒフミド エッセンスローション

ヒフミドの化粧水(ヒフミド エッセンスローション)の評価
保湿力
(5.0)
成分内容
(4.5)
低刺激性
(4.5)
テクスチャー
(3.5)
コスパ
(3.0)
総合評価
(4.0)
トライアルセット価格 980円(7日分)
化粧水通常サイズ価格 4,730円(約1.5~2ヶ月分)
1日あたりのコスト 約105円
返品保証(トライアル) なし(ただし、未開封で商品到着後30日以内なら返品可)
テクスチャー とろみのある使用感だがベタつきはない
注目成分 セラミド1、セラミド2、セラミド3、リピジュア、ベタイン、メチルグルセス-20

ヒフミドの化粧水(エッセンスローション)の特徴

ヒト型セラミドを3種類も配合している他、リピジュアやベタインなど、とにかく保湿成分が豊富な化粧水です。

付けた瞬間だけでなく、1日中乾燥に負けないほどお肌のうるおいをキープしてくれるので、何よりも保湿ケアを重視したい方におすすめします。

具体的には

  • 肌のカサつき、つっぱりが気になる
  • 以前よりも乾燥しやすくなり小じわも目立ちやすくなった
  • 化粧ノリが悪い
  • 乾燥による肌荒れが気になる

こういったお悩みをお持ちの方にぴったりですよ。

口コミでは、コスメカウンターでのお肌の水分量測定時に数値がアップしていたとのコメントも見かけました^^

価格的にはプチプラ化粧水ほど安くはありませんが、美容液なんか要らないくらい圧倒的な保湿力なので、超乾燥肌の私もお気に入りの化粧水です

お肌の乾燥を回避すれば、様々な肌トラブルもケアできるので、お肌のお悩みが多い方こそ、ヒフミドの化粧水で保湿ケアを徹底することから始めてみるのも良いですよ◎

さらにヒフミドの化粧水は、ベース成分に敏感肌はできるだけ避けたい「PG」「DPG」「エタノール」を使用していないので、敏感肌にも使いやすい仕様となっています。

強いて言えば若干とろみが付いていることが惜しいですが、ベタつきはないので、丁寧にハンドプレスすればしっかりとお肌に馴染みます。

【管理人から一言】

ヒフミドは無香料なので、その点も敏感肌におすすめできるポイントです。

返品保証期間がないのは残念ですが、その分、トライアルセットには、化粧水・クリーム・クレンジング・洗顔料・日焼け止め・オリジナルバッグが付いている豪華なセットになっていますよ♪

第3位:ライスフォース ディープモイスチュアローション

ライスフォースの化粧水(ライスフォース ディープモイスチュアローション)の評価
保湿力
(4.5)
成分内容
(5.0)
低刺激性
(3.0)
テクスチャー
(4.0)
コスパ
(3.0)
総合評価
(3.5)
トライアルセット価格 3,850円(30日分)
化粧水通常サイズ価格 8,800円(約2ヶ月分)
1日あたりのコスト 約146円
返品保証(トライアル) 30日間
テクスチャー しっとり感が強いがスーッと肌に馴染む
注目成分 ライスパワーNo.11、グリチルリチン酸2K、スクワラン、ヒアルロン酸

ライスフォースの化粧水(ディープモイスチュアローション)の特徴

ライスフォースの化粧水(ディープモイスチュアローション)は、ライスパワーNo.11を有効成分に配合した医薬部外品です。

ライスパワーNo.11とは皮膚水分保持機能(肌が自ら水分を保とうとする本来の力)を改善する日本で唯一の有効成分。

お肌にうるおいを与えるのではなく、肌本来の力(皮膚水分保持機能)をぐっと引き上げ、今よりも乾燥や刺激に強いお肌に整えてくれるのがライスパワーNo.11の効果になります。

なので、ライスフォースのディープモイスチュアローションは、

  • 乾燥肌の中でも人一倍乾燥しやすい
  • セラミド化粧品を使っても乾燥を感じる
  • 固めのクリームを重ねても肌の水分不足を感じる
  • 乾燥しにくいお肌になりたい

という方にとてもおすすめ。

私も以前ライスパワーNo.11配合のコスメを使用しましたが、そのおかげで乾燥しにくくなり、肌状態もかなり良くなりました。

テクスチャーはとろみも感じられますが、角質層までスーッと浸透していき、しっとりとしたうるおいの続く肌を実感できる化粧水ですよ

また、ライスフォースのディープモイスチュアローションにはオイル(スクワラン)や肌荒れケアをサポートするグリチルリチン酸2Kが入っているのも、40代のお肌におすすめなポイントです。

【管理人から一言】

ライスフォースはトライアルセットがなんと30日分も入っているので、じっくりと試せるのが魅力的です。

しかも、肌分析キットまで付いてきて、そのキットの結果をライスフォースに送れば、専門アドバイザーからお肌の分析結果と、より良いお肌を目指す為のアドバイスを貰えます。

第4位:エトヴォス モイスチャーライジングローション

エトヴォスの化粧水(エトヴォス モイスチャーライジングローション)の評価
保湿力
(4.0)
成分内容
(4.0)
低刺激性
(3.0)
テクスチャー
(4.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.0)
トライアルセット価格 2,052円(14日分)
化粧水通常サイズ価格 3,520円(約1.5~2ヶ月分)
1日あたりのコスト 約78円
返品保証(トライアル) なし(ただし未開封であれば商品到着後8日以内なら返品可)
テクスチャー サラサラとしたお水のような質感
注目成分 アミノ酸各種、Pos-Ca、ヒアルロン酸、リピジュア、グルコシルセラミド

エトヴォスの化粧水(モイスチャーライジングローション)の特徴

お肌の表面に存在しているアミノ酸や、水溶性のセラミド(グルコシルセラミド)、ヒアルロン酸、リピジュアといった、水溶性保湿成分がたっぷり詰まった化粧水です。

保湿力も重視したいけどコストはちょっと抑えたいな~という方におすすめ。

お肌に付けるとちゅるんっとツヤが出て、しっとりなめらかな仕上がりに整えてくれます。

また、肌内部のバリア機能形成を促進するPos-Caも配合されており、乾燥や刺激に弱くなってしまいがちな大人のお肌にぴったりです。

天然香料としてラベンダー花エキス配合で、優しく優雅な香りがスキンケアのちょっとした時間に心がほぐれるひと時を与えてくれますよ

【管理人から一言】

2週間分のトライアルセットは見た目がちょっと小さいように感じますが、適量の使用で十分うるおうので、2週間ばっちり持ちます◎

通常サイズは東急ハンズなどの店頭にも販売があるので、購入前にテスターをチェックしてみるのもおすすめです。

第5位:オルビスユー ローション

オルビスユーの化粧水(オルビスユー ローション)の評価
保湿力
(3.0)
成分内容
(3.0)
低刺激性
(3.5)
テクスチャー
(3.0)
コスパ
(4.0)
総合評価
(2.5)
トライアルセット価格 980円(7日分)
化粧水通常サイズ価格 2,970円(約1.5~2ヶ月分)
1日あたりのコスト 約66円
返品保証(トライアル) 30日間
テクスチャー トロっとした見た目からパシャっと弾けるみずみずしい質感に変化する
注目成分 プロパンジオール・PEG-75(濃密ウォータリージェリー)、キーポリンブースター

オルビスユーの化粧水(ローション)の特徴

とろっとした見た目から、肌に付けるとお水のようにパシャっと弾ける使用感の変化がやみつきになる化粧水です。

「水ワセリン」とも呼ばれる濃密ウォータリージェリーの保湿力でお肌がうるおいで満たされます。

水ワセリンとは言え、油分が配合されているわけではないので、乾燥肌だけど皮脂も気になるという方にも使いやすい仕様です。

さらには、キーポリンブースター(モモ葉エキス、アマモエキス、ヤグルマギク花エキス)が、肌の水分の通り道を作ることで水分の停滞を解消。

それにより肌細胞に水分が行き渡るので、ツヤやハリを感じられるお肌に整えてくれます。

無香料なので香りものが苦手な方にもおすすめ。

【管理人から一言】

トライアルセットには先行型美容液や洗顔料、保湿ジェルにフェイスタオルも付いてきます。

シンプルで男女問わず使いやすく、どんなお部屋にもマッチするデザインのボトルも素敵ですよね。

私がアヤナスの化粧水(ローション コンセントレート)をおすすめする理由

私もお肌の年齢サインが気になりだし、様々な化粧水を実際に使ってみたり、成分解析をしてきました。

そんな中、40代のお肌におすすめしたい化粧水No.1は、断トツでディセンシア アヤナス ローション コンセントレートです。

その理由はこちら。

  • 敏感肌専門ブランドの化粧水だから
  • セラミド2が配合されている
  • 独自技術によりセラミドがナノ化され浸透力も高い
  • 肌馴染みをさらに高めた特殊なグリセリンが使用されている
  • 香りが良い
  • 全くベタ付かない
  • みずみずしくてムラなく付けられる
  • お肌のハリもケアできる
  • キメが整い、しっとり潤う申し分ない保湿力
  • 返品保証が30日間も付いている

40代のお肌に合う化粧水の条件を高水準で満たし、尚且つ30日間の返品保証付きで誰もがチャレンジしやすいのがとても魅力的ですね。

特にアヤナスの化粧水の注目ポイントは、

  • 不快感のないテクスチャーと高い保湿力
  • オリジナル複合成分配合で敏感肌と大人特有の肌悩みが同時にケアできる
  • 他の化粧品にはない特許技術による圧倒的な肌馴染みの良さ

の3点。

納得の保湿力で1度使っただけでも好印象ですが、使い続けることで健やかで若々しい印象の肌へと導いてくれるのがアヤナスの化粧水です。

見た目はとろっとしているのですが、お肌に伸ばすとかなりみずみずしく、軽い付け心地なので、乾燥肌だけどベタベタするのは嫌いという方もとても使いやすいです◎

そしてその使い心地の秘密は、アヤナスの化粧水には特許技術「セラミドナノスフィア」が採用されているから。

これにより、セラミドを通常の1/20のサイズにナノ化し、浸透率も4倍に進化させているのです。

さらに、通常よりも油溶性をアップさせたグリセリンを使用しているのも肌馴染みが良い理由の一つ。

こうした特許技術を採用したセラミド2や、特別なグリセリンのおかげで、抜群の保湿力と肌馴染みの良さを兼ね備えた化粧水となっています。

また、「敏感肌向け=肌には優しいけど美容効果は低そう」なんてイメージがあるかもしれませんが、アヤナスの化粧水は美容効果も重視

お肌のハリや弾力にアプローチするCVアルギネートや、敏感肌専門ブランドならではの安全管理で、ストレスでダメージを受けやすい大人のお肌を効果的にケアしてくれます。

40代になってスキンケアを見直したい、けど何を使えば良いか分からない…という方はまずはアヤナスから挑戦してみてはいかがでしょうか。

【肌悩み別】40代におすすめ化粧水をそれぞれ紹介

【肌悩み別】40代におすすめ化粧水をそれぞれ紹介

先ほどは、総合的に見て、40代のお肌におすすめの化粧水をランキングで紹介しました。

そしてここからは、

  • 40代の毛穴ケアにおすすめの化粧水
  • 40代の美白ケアにおすすめの化粧水
  • 40代の乾燥肌におすすめの化粧水
  • 40代の敏感肌におすすめの化粧水
  • 40代の混合肌におすすめの化粧水
  • 40代の男性のお肌におすすめの化粧水

の6つの肌質、肌悩みに分けておすすめの化粧水をいくつかご紹介していきます。

40代の毛穴ケアにおすすめの化粧水

40代で毛穴にお悩みの方におすすめしたい化粧水は、

  • アヤナス ローション コンセントレート
  • オルビスユー ローション
  • 草花木果 化粧水(しっとり)
  • 米肌 肌潤化粧水
  • アスタリフトホワイト ブライトローション

です。

一言に「毛穴」と言っても、

  • 肌のたるみによる毛穴の目立ち
  • 乾燥による毛穴の目立ち
  • 過剰な皮脂による毛穴の目立ち
  • 毛穴の黒ずみ

など、様々な毛穴のトラブルや原因があります。

ちなみに、この4つの毛穴トラブル全てにお悩みの方はアヤナスの化粧水+ビタミンC(もしくはビタミンC誘導体)配合の美容液の組み合わせでケアするのがおすすめです

たるみ毛穴にはアヤナスの化粧水

肌のたるみによる毛穴の目立ちには、肌のハリや弾力をサポートしてくれるアヤナスの化粧水がおすすめです。

ただし、こういった毛穴はスキンケア化粧品を塗布するだけでは解決できないので、スキンケア時に表情筋のトレーニングも一緒に行いましょう。

MEMO
たるみ毛穴とは、縦長で帯状に見える毛穴で、主に頬に多く見られます。

アヤナス 公式サイト

乾燥毛穴にはオスビスユーやエトヴォスの化粧水

乾燥が原因の毛穴の場合には、オルビスユーやエトヴォスがおすすめです。

選び方としては、保湿力が高く、尚且つサラッとした使用感のものや、比較的さっぱり感のあるものの方が使いやすいです

無香料がお好きな方はオルビスユー、香り有りが好きな方はエトヴォスが◎

保湿力で言うと、ヒフミドでももちろんOKですが、個人的にはより軽い使用感のオルビスユーやエトヴォスの方が毛穴のケアには向いている印象です。

MEMO
乾燥毛穴は、スキンケア直後は目立ちにくくなるものの、時間が経つと年齢問わず顔全体に目立ってくるのが特徴です。

オルビスユー 公式サイト

エトヴォス 公式サイト

テカリ毛穴には草花木果の化粧水

過剰な皮脂によって毛穴が目立つという方には草花木果ラインの化粧水がおすすめ。

40代で過剰な皮脂が気になる場合は、主に乾燥やホルモンバランスの乱れなどが原因と考えられ、

ただたださっぱりとしたもの、皮脂の分泌を抑えるだけのものだと、余計に肌が乾燥し、さらに皮脂が出やすくなります。

なので、さっぱり感は重要視しつつも、保湿成分も配合されているものを選びましょう

草花木果の化粧水は、しっとりタイプ・さっぱりタイプの2種類から選べますが、どちらもエタノール配合でサラッと軽く、テカリが気になる方も使いやすい化粧水です。

個人的には春夏でもしっとりの方が40代の方にはおすすめです。

草花木果ライン 公式サイト

毛穴の黒ずみにはアスタリフトホワイトの化粧水

毛穴の黒ずみにお悩みの方にはアスタリフトホワイトの化粧水がおすすめです。

毛穴の黒ずみは毛穴の汚れが蓄積し酸化したもの。

なので、抗酸化作用を持つ成分が配合されている化粧水を選びましょう

アスタリフトホワイトの化粧水には「リン酸L-アスコルビルマグネシウム」という水溶性のビタミンC誘導体や「アスタキサンチン」といった抗酸化作用に優れた成分が配合されています。

アスタリフトホワイト 公式サイト

40代の美白(シミ)ケアにおすすめの化粧水

40代で美白ケアに悩む方におすすめの化粧水はこちらの2つです。

  • アスタリフトホワイト ブライトローション(さっぱり系が好きな人向け)
  • ブライトエイジ リフトホワイトローション(しっとり系が好きな人向け)

この2つはそれぞれ美白有効成分を配合した薬用化粧水で、紫外線によるシミやそばかすを予防する効果があります。

どちらがより、美白効果が高いのかというのは個人差があることなので、ハッキリと言うことはできませんが、それぞれ特徴が違うので肌質や好みによって自分に合うものを選びましょう。

アスタリフトホワイトの化粧水がおすすめな人

アスタリフトホワイトの化粧水がおすすめなのは、

  • 普通肌、脂性肌、やや乾燥が気になる方
  • 美容成分が多数配合されているものをお探しの方
  • サラッとした使用感が好きな方

です。

アスタリフトホワイトの化粧水には、美白有効成分「アルブチン」をはじめ、肌荒れケアに効果的な抗炎症成分も有効成分となています。

他にも抗酸化成分のビタミンC誘導体やアスタキサンチン、美白効果をサポートするフェルラ酸、肌のセラミドを分解してしまう酵素の働きを抑制するツボクサエキス、保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸など、

とにかく多数の美容液成分を配合した化粧水です。

サラサラとした質感の化粧水ですが、保湿力も問題なしですよ◎

ただし、香料やエタノールの使用もあるので苦手な方はご注意ください。

アスタリフトホワイト 公式サイト

ブライトエイジの化粧水がおすすめな人

ブライトエイジの化粧水がおすすめなのは、

  • 敏感肌、乾燥肌、超乾燥肌の方
  • 美白効果だけでなく保湿力も重視したい方
  • しっとりとした使用感がお好きな方

です。

ブライトエイジの化粧水にはヒト型セラミド、アミノ酸、コラーゲンといった保湿力が高く、且つ敏感肌にも使いやすい保湿成分が多数配合されています。

他にもお肌のハリ感をサポートする複合成分リフティングフォースも配合し、しっとりもっちりとしたお肌に整えてくれる化粧水です。

また、有効成分には美白効果だけでなく、抗炎症作用も持つトラネキサム酸を配合。

とろみのある質感ですが、みずみずしさもあるので、ベタつきを避けたい方も比較的使いやすいです。

合成香料やエタノールの配合はありません。

ブライトエイジ 公式サイト

40代の乾燥肌におすすめの化粧水

先ほどの表にまとめた10個の化粧水はどれも保湿力が高いのですが、さらに絞るならば、

  • ヒフミド エッセンスローション
  • ライスフォース ディープモイスチュアローション
  • エトヴォス モイスチャーライジングローション
  • ビーグレン QuSomeローション
  • ブライトエイジ リフトホワイトローション

の5つが乾燥肌にはおすすめです。

あとは、どんな条件を優先して化粧水を選びたいかによっておすすめするものが異なります。

保湿力を最重視or敏感肌の方にはヒフミド

何よりもとにかく保湿力が高いものをお探しの方、そして人一倍刺激に敏感な方にはヒフミドがおすすめです。

ヒト型セラミド3種類をはじめ、保湿力の高い成分を多数配合しており、さらに刺激になりやすいエタノールや合成香料などの配合は一切なく、敏感肌にも使いやすい設計となっています

個人的には最も保湿力を感じた化粧水なので、超乾燥肌の方には圧倒的におすすめしたいアイテムです◎

ヒフミド 公式サイト

肌のうるおいを改善したい方にはライスフォース

そもそも乾燥しにくい肌になりたいという方にはライスフォースの化粧水です。

1本8,800円(税込)と、ちょっとお値段は張りますが、肌のうるおいを改善する有効成分「ライスパワーNo.11」が配合されているのでその効果は期待大です。

ただ保湿成分を与えるだけでは、時間が経てばいずれ乾燥してきますが、「ライスパワーNo.11」はお肌のうるおいそのものを改善してくれるので、時間が経っても乾きにくいお肌へと整えてくれます

ライスフォース 公式サイト

コストを重視するならエトヴォス

高い保湿力の化粧水を探しているけど、できるだけコストは抑えたいという方はエトヴォスの化粧水を選びましょう。

ここで乾燥肌におすすめしている化粧水5つの価格を比較してみました。

価格は全て税込で表記しています。

化粧水 1本あたりの価格 1日あたりの価格
エトヴォス 3,520円 約78円
ヒフミド 4,730円 約105円
ライスフォース 8,800円 約146円
ビーグレン 5,500円 約122円
ブライトエイジ 5,500円 約122円

エトヴォス以外の4種類は1日あたり100円を超えるのに対し、エトヴォスはたったの78円なので、かなりお手頃価格ですよね。

ですが、肌馴染みが良い保湿成分やセラミドの合成をサポートする成分などを配合しており、正直、お値段以上のクオリティー。

ということで、コスト重視の方は是非エトヴォスから挑戦してみましょう。

エトヴォス 公式サイト

オイルイン化粧水でおすすめはビーグレン

オイルイン化粧水は

  • 皮脂分泌が少ない方
  • お肌にツヤを出したい方
  • こってりしたクリームを重ねたくない方

におすすめの化粧水。

ビーグレンの化粧水はスクワランという肌馴染みの良いオイルを配合していて、さらに独自の浸透技術により、スーッと角層まであっという間に浸透していくのが特徴です。

オイルインと言うとどうしも、しっとり感が強くて、ベタつきやすいイメージがあるかもしれません。

ですがビーグレンの化粧水は不思議なほどサラサラで非常に馴染みの良い使用感となっています

ビーグレン 公式サイト

保湿と美白を両立したいならブライトエイジ

先ほどもご紹介しましたが、ブライトエイジの化粧水は保湿力が高いしっとり系の化粧水で、美白有効成分も配合しています。

人一倍乾燥しやすいけど、シミ対策も同じくらい重視していきたいという方はブライトエイジを使ってみましょう。

ブライトエイジ 公式サイト

40代の敏感肌におすすめの化粧水

40代で敏感肌にお悩みの方におすすめしたい化粧水は、

  • アヤナス ローション コンセントレート
  • ヒフミド エッセンスローション
  • オルビスユー ローション
  • ブライトエイジ リフトホワイトローション

です。

敏感肌とい言っても、化粧品のどんな成分に刺激を受けやすいかは人それぞれで、基本的には

  • 敏感肌向けのブランド、メーカーの化粧品
  • 刺激になりやすい成分の配合は少ないもの、シンプルな成分設計のもの
  • 保湿力が高いもの(肌を刺激から守る為)

を選ぶことを意識しましょう。

やはり簡単に選びやすいのは、アヤナスのように敏感肌向けブランドの化粧水です。

アヤナスは徹底した品質管理で敏感肌にやさしい製品でありながらも、大人のお肌に最適な美容液成分や、保湿成分の浸透を良くする独自技術を採用しています。

敏感肌を守りつつも、攻めのスキンケアができるので、40代にぴったりの化粧水です。

しかし、アヤナスは天然香料による香りがあるので、香り物が苦手な方はヒフミドの方がおすすめ。

さらにコストを抑えたい方は、シンプル設計のオルビスユーが使いやすく、美白ケアも取り入れたい敏感肌さんは、ブライトエイジがおすすめですよ◎

40代の混合肌におすすめの化粧水

40代で混合肌にお悩みの方におすすめの化粧水は

  • アヤナス ローション コンセントレート
  • ヒフミド エッセンスローション
  • エトヴォス モイスチャーライジングローション
  • 草花木果 化粧水(しっとり、さっぱり)

です。

混合肌とは、Tゾーンはテカりやすいのに、頬や口元などはカサつきやすいお肌のこと。

年中混合肌の方もいれば、春夏だけ混合肌なんて方もいらっしゃいます。

40代の混合肌のお悩みには

  • 化粧水でしっかりとうるおいを与える
  • 乳液やクリームの量を付ける箇所で調節する

というスキンケアを心がけることが重要です。

なので、化粧水は保湿成分がしっかりと配合されていて、化粧水だけでもうるおいがある程度持続するものを選びましょう

アヤナス、ヒフミドはヒト型セラミドが配合されているので、化粧水単品でも保湿力が高い為、テカりやすい箇所には、これを付けるだけでもOK。

もっとサラッとした使用感が良い方はエトヴォスが使いやすいですよ。

さらにコストも抑えたい方は草花木果の化粧水がぴったりです。

草花木果の化粧水はエタノール配合で清涼感があり、皮脂が気になるお肌にも使いやすく、1本3,080円(税込)なので続けやすいのが魅力的です。

乾燥が気になる箇所には乳液やクリームも使って対策しましょう。

40代男性のお肌におすすめの化粧水

40代の男性におすすめしたい化粧水は、

  • ヒフミド エッセンスローション
  • オルビスユー ローション
  • 草花木果(しっとり、さっぱり)
  • 米肌 肌潤化粧水

の4つです。

とは言え、今回紹介した10個の化粧水の中で「男性が使ってはいけないもの」はありません。

なので、第1位のアヤナスを使っても大丈夫ですし、ライスフォースやエトヴォスでももちろんOKです

ただ、その中でも特に男性におすすめしたい化粧水として

  • 化粧水だけでも保湿力があるもの
  • 男性の口コミもよく見かけるもの
  • 男性でも使いやすそうなパッケージ
  • 比較的軽めのテクスチャー
  • できるだけチャレンジしやすい価格帯

こういったことを基準に先ほどの4つを選出しました。

ヒフミドは使用後に結構しっとり感があるので、男性の中でも特に乾燥がひどく気になる方におすすめです。

草花木果はピックアップした化粧水の中でも1番さっぱり感があるので、初めて化粧水を使用される方でも不快感がなく使いやすい質感です。

ただし、天然香料が配合されているので、香りものは避けたい方は米肌の方がおすすめ。

さらにコストも抑えたい方や、パッケージが気になる方にはオルビスユーから始めてみましょう。

みずみずしく肌に馴染むので、草花木果のように化粧水初心者の方でも使いやすいですよ。

【プチプラ】40代におすすめのドラッグストア化粧水の選び方

【プチプラ】40代におすすめのドラッグストア化粧水の選び方

さて、今回は通販で取り扱われている化粧水を主にピックアップしていきましたが、ドラッグストアのプチプラ化粧水を使いたいという方も多いはず。

結論から言うと、ドラッグストアなどでプチプラ化粧水を購入する際の上手な選び方は「ベース成分」に注目し、BGやグリセリンがベースに使われているものを選ぶことです

やはり5,000円するものと、1,000円以下のものではどうしても保湿成分や美容液成分の配合量や質に差が出るので、プチプラ化粧水に高い美容効果を期待するのは少々無理があります。

とは言え、いくらプチプラでも失敗はしたくないですし、できるだけ良いものを使いたいですよね。

なので、プチプラ化粧水を選ぶ際に一番重要視したいのは極力、低刺激なものを選ぶこと。

そこでチェックしたいポイントがベース成分です。

ベース成分とは化粧水の骨格を作る為に配合されている成分であり、お水の他に、

  • BG
  • グリセリン
  • DPG
  • PG
  • プロパンジオール
  • エタノール

とがあります。

これらは保湿剤としての機能もあり、プチプラ・デパコス、通販商品関係なく、どれかは必ずと言って良いほど配合されています。

そしてこの中で肌への刺激が低いのが、BGとグリセリン。

敏感肌向けのメーカーの化粧品だと、「プチプラ」とは言えない価格帯が多いですが、

ベース成分が「水・BG・グリセリン」だと低刺激で且つ、プチプラコスメでも頻繁に使われているので、お肌が刺激を受けやすくゆらぎがちな40代のお肌にもおすすめです。

40代におすすめの化粧水に配合されているおすすめの成分と効果!

40代におすすめの化粧水に配合されているおすすめの成分と効果!

「化粧水の選び方①」でピックアップしたような保湿成分が配合されていて、できるだけサラサラした化粧水が選ぶ際の1つのポイントです。

  • ヒト型セラミド
  • アミノ酸やPCA-Naなどの天然保湿因子
  • ヒアルロン酸
  • リピジュア(ポリクオタニウムー51、ポリクオタニウムー61)
  • スクワランやユズ種子油(油脂)などのオイル

では、1つずつ簡単にどんな成分なのか、解説していきます。

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは、肌のバリア機能となり、お肌の水分を保持する役割があります。

乾燥肌や敏感肌では健康的なお肌に比べ、バリア機能が低下しているので、ヒト型セラミドは積極的に取り入れたい保湿成分。

「セラミド」に分類される成分は植物性、動物性、合成(疑似)など様々ありますが、その中でもヒト型セラミドは、人間のお肌のセラミドに最も近い構造を持ち、セラミドとしての機能が高い成分です

特にセラミドNG(セラミド2)というヒト型セラミドが保湿力が高くおすすめ◎

乾燥小じわが気になる方はセラミドNP(セラミド3)も効果的です。

ただし、ヒト型セラミドは原料が少し高価な為、あまりにも安価な化粧水に配合されていた場合は極わずかな量しか入っていない可能性が高いので、

ト型セラミド入りの化粧水を狙うのであれば3,000円~のものを目安とすると良いでしょう

アミノ酸やPCA-Naなどの天然保湿因子

天然保湿因子とは、肌の表面にもともと存在する保湿成分のことです。

これらは水溶性の保湿成分なので、化粧水にも配合されやすく、肌にもともと存在している成分なので肌馴染みも抜群。

ちなみに「アミノ酸」には沢山種類がありますが、化粧品の成分表示では

  • セリン
  • グリシン
  • アラニン
  • トレオニン
  • チロシン

などがそれに当たります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はわずか1gで6Lもの水分を抱え込む保湿成分です。

お手頃価格の化粧水にもよく配合されていますので、プチプラで保湿力の高い化粧水をお探しの方はヒアルロン酸配合のものをチェックしてみましょう

リピジュア(ポリクオタニウムー51、ポリクオタニウムー61)

リピジュアは、ヒアルロン酸の2倍の保湿力があり、水で洗っても洗い流されにくい性質を持っています。

化粧品の他に医薬品や人工臓器などにも使用され安全性が高いのが特徴です。

スクワランやユズ種子油(油脂)などのオイル

40代は皮脂の分泌が少なくなるのでオイルイン化粧水もおすすめです。

スクワランや油脂などは、ヒトの皮脂と構造や成分が似ているので肌馴染みが良くて使いやすく、ベタっとしないので不快感もありません

MEMO
油脂とは動植物由来の天然オイルのことです。例えば、ユズ種子油、コメ胚芽油、メドウフォーム油、馬油などがあります。

副作用や刺激が気になる化粧水はある?肌への影響や安全性について

副作用や刺激が気になる化粧水はある?肌への影響や安全性について

化粧水を使って肌がピリピリしたり、痒くなったりした経験はありませんか?

最初から刺激を感じやすい成分が入っていることや、「これは副作用などの可能性がある化粧水だ」ということが分かれば、そういったトラブルも防げますよね。

しかし、結論から言うと、「こういう化粧水が危険です」というのは一概には言えません

それは、そもそも化粧品は安全であることが大前提として作られていて、さらに、お肌の性質は十人十色で、どんな成分が刺激になるのかも人それぞれだから

例えば、私は植物エキスの配合数があまりに多い化粧品だと刺激を感じるので、そういった化粧水は危ないイメージが個人的にあります。

しかし、植物エキスをアピールポイントにしたオーガニック化粧品は、専門店や専門ブランドがあるほど、人気ですよね。

その他にも

  • エタノール
  • パパインなどの酵素
  • 香料
  • ビタミンC

などは肌が弱まっている時は刺激を感じやすいこともあります。

なので、お肌への刺激が気になる方は、トライアルセットから始めたり、本格的にその化粧水を使用する前にパッチテストを行ってみましょう。

正しいパッチテスト
  1. 二の腕の内側や、前腕の屈伸部に化粧品を塗布
  2. 塗布した24時間後と48時間後の皮膚の反応を見る

化粧水を使って刺激を感じたときの対処法

パッチテストを省いてしまった時や、肌の調子がいつもより悪いときは、化粧水を付けて刺激を感じてしまうこともあります。

こういう場合は

  1. すぐにその化粧水の使用をやめ、一度洗い流す。
  2. 火照りがある場合は濡れタオルを顔に当て、熱を冷ます

この2点を心がけ、その日のスキンケアはできるだけシンプルに済ませます。

できればワセリンやベビーオイルなど、肌の負担になりにくいクリームやオイルなどで簡単な保湿ケアを行うのが理想です

その後、様子を見ながら同じ化粧水の使用を試みても良いですが、無理をしても肌にとって逆効果なので、2回使っても刺激を感じた場合はその化粧水はお肌に合わないと判断して良いでしょう。

40代は化粧水が浸透しない!?化粧水の効果的な使い方

40代は化粧水が浸透しない!?化粧水の効果的な使い方

じっくりとハンドプレスをしても、丁寧にコットンで付けても、お肌に化粧水が残って浸透していないように感じる…そんな時ってありますよね。

その主な原因は以下の2つ。

  • 古い角質や汚れが肌表面に溜まっている
  • 化粧水を一気に付けようとしている

なので、

  1. 適切なクレンジングや洗顔で汚れをきちんと落とす
  2. 化粧水は一度に沢山付けるのではなく、少しづつ出して重ね付けする

この2点に気を付けて化粧水を使いましょう。

40代のお肌におすすめの角質ケア

古い角質や汚れが溜まった状態を解決する為に、40代のお肌におすすめしたいのは植物由来のオイル(油脂)を主成分としたクレンジングオイルです。

MEMO
例えば、コメヌカ油やアルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、オリブ油が成分表示の最初に来ているクレンジングオイルのこと

これら「油脂」は、オイルなのでメイクとも馴染みが良く、程よい洗浄力があり、多少濃いメイクでもしっかりと落とすことが可能です。

しかも油脂には

  • 皮脂の代わりとなってお肌を保湿してくれる
  • お肌を柔らかくしてくれる

という効果もあるので、乾燥にもゴワつきにも悩める40代のお肌にとってもおすすめ。

お肌がふわっと柔らかくなって、化粧水の浸透もグッと良くなりますよ^^

40代はターンオーバーが遅れがちなので、どうしても肌に古い角質が溜まり、肌が固くなりやすいです。

また、乾燥や肌へのダメージを考慮するあまり、メイクの濃さに合っていないメイク落としを使っていたり、

時短の為にクレンジングや洗顔が疎かになってしまったりすると、肌の上に汚れが残ったままになってしまいます。

ですが、洗浄力が高すぎるメイク落としではお肌の潤いを過剰に奪ってしまうので、お肌の潤いを守りつつ、不要な汚れだけを除いてくれる油脂を使用したクレンジングオイルで、

メイク落としと同時に肌優しい角質ケアを行いましょう。

40代に拭き取り化粧水はおすすめしません

古い角質や汚れを除去する方法として、「拭き取り化粧水」もあります。

時間がないときや、面倒くさがりな人でも手軽にサッとケアできるので人気のアイテムですが、乾燥や刺激に対して敏感な40代のお肌にはあまりおすすめできません。

というのも、拭き取り化粧水には

  • コットンによる摩擦
  • 角質を除去する為の成分による刺激

といったリスクがあります。

これらにより、別の肌トラブル(肌荒れ、痛み、乾燥、シミやシワ)にも繋がるので、できれば完全に避けるか、スペシャルケアとして週1回程度にしておきましょう。

特に角質を除去する為の成分にはたんぱく質を分解する成分が使われていることが多いので、乾燥しやすい方にはかなり不向きです。

化粧水は少量ずつ付ける

特別肌がゴワついてるわけでもないし、クレンジングも洗顔もしっかりしてるのに、化粧水の浸透が悪い…という方は、化粧水を少しずつ付けるようにしてみましょう。

化粧水には、使用量の目安というのが、各化粧水のボトルや外箱、あるいはサイトなんかに記載されていると思います。

ですがその量を一度に出してお肌に付けるのではなく、ちょっとずつ手に取って肌に馴染ませ、何度か重ね付けしていき、最終的に目安とされている量を使えばOKです。

少し面倒かもしれませんが、その方が浸透が良くなり、確実に化粧水をお肌に与えられるので、結果的にお肌のうるおいが長時間キープされやすくなります。

【Q&A】40代の化粧水についての疑問をピックアップ!

最後に、40代の方が抱える化粧水についての素朴な疑問をまとめてみました。

気になる項目がある方はこちらもチェックしてみて下さい。

40代にドラッグストアの安い化粧水は良い?悪い?

40代だからと言って安い化粧水が悪いとは限りません。美容液や美容クリームを併用すれば、美容効果を意識したスキンケアも可能です。しかし、ワンランク上の美肌を目指したい・美容液は使いたくないという方は、安い化粧水以外も視野に入れて探すことをおすすめします。

保湿力の高い化粧水なら乳液は要らない?

肌質によっては乳液がなくても大丈夫な場合もありますが、基本的には乳液は使った方が良いです。化粧水にはほとんど油分が含まれていないので、いくら保湿力が高い化粧水でも皮脂の分泌が少ない乾燥肌では油分が不足し、結果的に乾燥してしまうからです。高価なものでなくても良いので、乳液も用意しておいた方が安全です。

プチプラ、デパコス、ネット通販、どの化粧水が一番良いの?

お試しサイズがあるネット通販の化粧水がおすすめです。プチプラでもテスターがあったり、デパコスでもサンプルが貰えるので、香りや質感なら確認できますが、自分の肌との相性となると、肌のコンディションは日々違うものなので、ある程度続けてお試しできた方が良いですよね。また、通販商品なら返品保証があるものが多いので、合わなかった・失敗したと感じてしまったときも安心です。

40代の化粧水は保湿力と低刺激性をまず重視!

自分に合いそうな化粧水や、化粧水の選び方のヒントなどは見つかりましたか?

40代の化粧水について、詳しく解説してきましたが、特に大切にしてほしいのは

  • しっかりとお肌をうるおすこと
  • 肌に対して刺激が低いこと

の2点です。

例えばどんなに美白効果が評判の化粧水があったとしても、

すぐに肌が乾燥してしまうものや、ぴりぴりと刺激を感じてしまうものでは、肌を傷つけてしまい結果的には逆効果、なんてこともあり得ます。

40代は特にお肌の水分が不足し、刺激を受けやすい状態になるので、美容効果だけでなく保湿力と低刺激性も重視して化粧水を選んでみて下さいね^^